スポンサーリンク

「マリオカートDS」をプレイした感想

マリオカートDSの感想

管理人タヌトが初めて

「マリオカートDS」をプレイしたのは

2005年の冬でした。ニンテンドーDS

と一緒に購入したのを覚えています。

当時は携帯ゲームでCGのキャラクターが

動く事自体が凄かったので、

初めてプレイした時の感動は凄まじい

ものがありました。

ポケモン ダイヤモンド・パールが

発売されるまでの繋ぎとして買った

筈なのに、めちゃくちゃハマってました。

マリオカートDSには難易度が4段階あり、

最高難度の「150ccミラー」をクリア

したのを覚えています。

150ccミラーでは敵車がめちゃくちゃ

速くなる上、コースが鏡写しのように

左右逆になります。

マリオカートDSの魅力

マリオカートDSの最大の魅力は

「登場するカートの種類の多さ」

だと思います。確か30種類くらい

登場していたと思います。

カートごとに性能差がある他、

見た目もかなり個性的です。

マリオカートDSは基本的に

レーシングゲームですが、

ミニゲームがいくつか収録されて

いるのも魅力の1つです。

カートに取り付けられた風船を

先に破った方が勝ちというミニゲーム

や、様々なボスキャラクターと

競争したり戦ったりするミニゲーム

などがあります。

今更おすすめはしませんが・・・

マリオカートDSは管理人タヌトに

とってとても思い出深い作品ですが

所詮は昔のゲームなので、これから

マリオカートシリーズをプレイしようと

している方には最新作のマリオカートを

おすすめします。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク