スポンサーリンク

海外版ファミコンウォーズDS失われた光を日本語化した感想

ファミコンウォーズDS失われた光

管理人タヌトはファミコンウォーズDS

失われた光を持っているのですが、

海外版なので登場人物が喋るセリフ

などが全て英語で表示されます。

管理人タヌトは英語がほとんど

分からないので、エミュレーター

NO$GBAを使って日本語化して

みました。

日本語化すると登場キャラクターの

台詞だけでなく、名前も変わりました。

海外版の主人公の名前はウィルなの

ですが、日本語化コードを入れると

エドに変わりました。

残念な事が1つあり、NO$GBAで

ファミコンウォーズDS失われた光を

プレイしようとすると、めちゃくちゃ

処理が重いです。

メニュー画面は特に重くないのですが、

戦闘画面になるとエミュレーターの

処理速度が30パーセントくらいになり、

音割れなどが起きます。

iDeaSというエミュレーターであれば

処理落ちしにくいのですが、その場合

日本語化コードが使えませんでした。

iDeaSに日本語化コードを適用する

方法が分かれば問題が無くなるのですが、

結構昔のエミュレーターなので

ネット上に情報があまり出ていません。

iDeaSはプラグインを入れないと音が

出ないのですが、音を出す為のプラグイン

が見つかりません。ネット上を探し回って

も殆どがリンク切れになっていて、

ダウンロードする事が出来ませんでした。